2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ラバッツァ】イタリアNo.1コーヒー 

kage

2012/01/03 (Tue)

1月3日(火)  ~~本日1回目の投稿記事です~~

先日 片岡物産さんからイタリアNo.1コーヒーのお試しをさせて頂きました~~

kako-fbII8N1csLrZy2t4.jpg 
ラバッツァ クオリタ・オロ 250g(粉)、エスプレッソ250g(粉)

ラバッツァ(LAVAZZA)は、エスプレッソの本場イタリアでシェアNo.1のコーヒーブランドなんですって!!

スカラ座(ミラノ)、ニューヨーク現代美術館、ホテルリッツ(ロンドン、パリ)、フォーシーズンズホテル(ミラノ、ニューヨーク)など、世界の一流レストランやホテルから街角のバールまで広く採用されている 凄いコーヒーなのよ

我が家は、コーヒー好きで 毎日飲んでるんだけど あたしの父も凄い コーヒー好きでね!!
せっかくなんで 実家に帰った時に 両親も一緒に飲み比べていただきました。

kako-hoLM2XLFF8bJo671.jpg 
まずは、金色のパッケージの「クオリタ・オロ」から 飲んでみるコトに。
 
封を開けた瞬間 コーヒーのいい香りがして飲むのが 凄い楽しみになりました!!
粉は、キメ細やかでシットリしてるの~

普段 うちで飲んでるコーヒーの粉とは、比べ物にならないくらい(笑)

kako-6QN1Q1YVvRjRe8Bc.jpg 
父は、ホントにコーヒー好きで 豆からコーヒーを楽しむ人でね~~~。
このコーヒーメーカーも 豆を挽いて抽出できる優れ物なですよ

3人分で粉を計るスプーン山盛り3杯を マイルドで作ってみました。

kako-g3qEFDooArCzT9Xo.jpg 
こりゃぁ~~~美味い!!

酸味があるんだけど 凄い飲みやすくって モーニングコーヒーで頂くのが最高なコーヒーでした
父が言うには、最近 爽やかな酸味のコーヒーが売ってないらしく 久しぶりに美味しいコーヒーを飲めたと 喜んでいました(笑)

あたし的にも このコーヒーは、ブラックで飲むのが一番 美味しく味わえるんでは、ないかと感じました!!
飲んだ後も 苦味がなく あと味爽やかで何杯でも飲めてしまうわぁ~~ 

目覚めのモーニングコーヒーとして頂くのに最適なコーヒーなんじゃないかなぁ
こんなステキなコーヒーを朝から飲んじゃったら マッタリし過ぎて 遅刻しちゃうわぁ(笑)

kako-HPBOUWssc1gpsleq.jpg 
お次は、 黒いパッケージの「エスプレッソ」を 飲んでみましたよ~~

こちらの粉も キメ細やかでシットリ!!
封を開けた瞬間の香りは、「クオリタ・オロ」ほどしなかったけど 両親ともに飲むのをワクワクしてしまいました(笑)

kako-ivd073ZSOkWGYnK1.jpg 
「エスプレッソ」と言っても 普通のコーヒーと同じに作れるんで エスプレッソメーカーがなくっても 本場の味を楽しめちゃうんですよ~~

こちらは「クオリタ・オロ」とは、違いやはり味が濃いく それでいて酸味もあり苦味もあり深いコクを楽しめる これこそコーヒーと言う感じがしました。

「エスプレッソ」は、甘いお菓子とかスイーツと一緒に 頂くのが最高なんじゃないかな~
食後のデザートと一緒に マッタリとした時間を味わいたい時に最高です

両親は、「クオリタ・オロ」を好んでたみたですが あたしは、「エスプレッソ」が好みかな
コーヒー好きな父も ラバッツァ(LAVAZZA)の コーヒーを大絶賛してました。

さすが
エスプレッソの本場イタリアでシェアNo.1のコーヒーブランド です!!
コーヒーにうるさい コーヒー好きさんには、凄いオススメですよ~~
こちらは、間違いない美味しいコーヒーですので 自信をもっておすすめいたします。

片岡物産オンラインショップ 【ラバッツァ】
片岡物産 ファンサイトファンサイト応援中
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-
管理人の承認後に表示されます

2016.12.05 (Mon) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。